HOME >  活動記録 > 2016年度 > 2016年11月 第16回(再度)フィールド・ステーション・セミナーを開催しました

2016年11月 第16回(再度)フィールド・ステーション・セミナーを開催しました

今回の講師は、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科、日本学術振興会特別研究員(PD)の飯田恵理子さんでした。飯田さんは、タンザニア西部の森の中でキャンプ生活を送りながら、ブッシュハイラックスの生態を調査しています。
今回は、「ウガラ地域の哺乳類:ブッシュハイラックスの生態」というタイトルでご発表いただきました(発表要旨はこちら >>)。

ウガラのブッシュハイラックスが、地域環境に適応するためにマングースなど他の哺乳類の巣を自らの巣として利用しているというとても面白いお話をしてくださいました。セミナーにはJICA、民間企業、研究者など19名の参加者が集まり活発な議論が交わされました。

iida

活動記録